パーソナルカラーについて

パーソナルカラーとは

人は肌の色や髪の色、眼の色など生まれ持った色素はそれぞれ微妙に違います。

持って生まれた自分の色(自分自身)に対し色をプラス(化粧、洋服など)した場合、きれいに見える色、老けて見える色も人それぞれです。

似合う色は顔の表情が明るく、若く見え、ナチュラルな美しさが引き立ちます。

その一方、似合わない色は肌がくすんで見えたり、老けて見えたり、違和感が感じられる事もあります。

自分が似合うと思っている色(好きな色)と本当に似合う色は必ずしも一致するものではありません。

本当に似合う色こそがパーソナルカラーなのです。

自分の色(パーソナルカラー)を把握し、上手に活用することでより充実したライフスタイルを過ごしてみませんか。

 

知ってましたか?

似合う色と似合わない色を身につけた時、あなたの印象はこんなにも違うと言うことを・・・

  似合う色 似合わない色
顔色 健康的で血色が良く見える 青白い・黄ばんでる感じ
目の下のクマ 影が入らない(クマが気にならない) 影が濃く入る(クマがはっきり)
しみ、しわ、ニキビ 目立たない(気にならない) しみ、しわ、ニキビの跡が目立つ
目の輝き 活き活きと輝いて見える 眠たそうなぼんやりした目に見える
実年齢との差 若々しく見える(7~8歳若く見える) 老けて見える(7~8歳老けて見える)

 

■もしこんな経験があったら・・・それはパーソナルカラーが間違ってるからです。

● お店の人のアドバイスが分からない。
● 他の人と比べて、何かフィット感が足りない気がする。
● つい好きな色を買ってしまう。
● 雑誌で都会のファッションを参考に買ってしまう。
● お店の人のアドバイスが合っていないような気がする。
● メイクが合わない、迷ってしまう。
● コーディネイトで苦労する。
● 老けて見える。

※上記のような経験があった人は、パーソナルカラーを把握できないことになります。

本当に自分に似合う色を知る事で日常の着こなしやメイクに自信を持ちたい方や、もう一度パーソナルカラーを確かめたい方は、パーソナルカラー診断をお試しください。

 

パーソナルカラー診断についてのご相談はこちら